世界遺産に入浴!湯の峰温泉の「つぼ湯」を貸切で満喫!

2017年のGWは、
世界遺産に登録されている「つぼ湯」に行ってきました。

熊野詣の「湯垢場」として知られるつぼ湯は湯の峰温泉にあり、
湯の峰温泉は1800年前に発見された日本最古の温泉とも言わてます。

つぼ湯は、名前の通り壷のような形のかなり小じんまりとした温泉です。


なんとか3名入れるほどの広さなのでグループごとの貸切で
貸切時間は1組あたり30分。

ですが、
石鹸・シャンプーなどを利用できないため、
つぼ湯ひ雰囲気だけ味わって早めにあがる方もいるので
時間は結構前後します。
そのため、待ち時間はずっと「待合所」で待機しているようと受付の方に
言われました。もし、離れる場合は自己責任とのことでした。

つぼ湯の予約システムと事前予約について

つぼ湯は残念ながら、ネット予約や電話予約はありません。
先着順です。
GWでしたが、待ち時間が1時間(2組待ち)でしたが、
1時間の待ち時間はかなり少ない方だとのこと。

予約システムは、
公衆浴場(下の写真)の横にある受付で、チケットを購入して番号札を
貰います。


順番が来るまで、待合で待つことになります。
温泉の入り口に札がかかっているので、あと何組かわかります。

つぼ湯の営業時間や入湯料

営業時間は、6時から21時30分。
入湯料は大人1人あたり770円でした。
*つぼ湯入浴後は、公衆浴場の「一般湯」もしくは「くすり湯」にも
入浴可能です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です